冠婚葬祭のマナー「喪中ハガキ」について

近親者に1年以内に不幸があった場合に、毎年年賀状を出している方々にその旨をお伝えする挨拶状が喪中はがきです。
喪中はがきを出す時期は、11月中には準備をして12月上旬には相手に届くように出すのが冠婚葬祭のマナーです。
どこまでを喪中の範囲とするのかは特に決まりはありません。
一般的には、配偶者・両親や子供・兄弟姉妹・義理の両親・祖父母といった身内になりますが、あとはお付き合いの深さや故人への思い入れなど出す人の判断で大丈夫です。
喪中ハガキの書き方としては、「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」との喪中欠礼の挨拶文と、だれがいつ亡くなったのか、年賀状に代わる挨拶、年号と月、差出人の住所氏名といったことを明記して作成します。
なお、年賀状を欠礼することを伝える挨拶状ですので、近況などは書かないのがマナーなのでその点は注意しましょう。
使用するはがきは、郵便はがきでも大丈夫ですが、私製はがきを使用し郵便局で販売している仏事用の切手を貼って出すのがよりベターです。