喪中はがきは、早めに準備を

冠婚葬祭があった場合は、早めに連絡を入れることが大切です。
お葬式の連絡や結婚式の招待状などもそうですが、冠婚葬祭が終わった後の対応も大切です。
喪中があった時の喪中はがきは、早めに送ることが大切です。
年賀状の準備を始める時期より前に送ることが大事です。
年賀状の準備をしてしまった後で、喪中はがきが届いても相手は困りますし、あまりにも送るのが遅いと、相手方が年賀状を投函した後に、はがきが届くという事にもなりなねません。
そうなると、相手によけいな気を遣わせてしまいますので、必ず早めに準備をして、投函することが大切です。
友人関係であれば、年賀状が届いた後に、喪中なので年賀状が出せない旨を伝えるという方法もありかもしれませんが、目上の方や、仕事関係の方には、そういう対応はとても失礼に当たりますので、相手方が年賀状の準備をする前には、相手の所に喪中はがきが届くようにすることが、大事なマナーだと思いますので、早め早めの準備が大切です。