喪中はがきはテンプレートを上手く使いましょう

喪中はがきは、年内に近親者が亡くなり、翌年の新年のご挨拶を遠慮する旨を伝える役目を持っています。
できれば、受け取る側の年賀状の準備が始まる前には、済ませておきたいものです。
お店に印刷をお願いするのも一つですが、自分で作成するのなら、はがき作成ソフトやワードのテンプレートを使うのが安心です。
喪中はがきに必要な情報が入っている文章はそのまま使用して、受取人によっては故人のエピソードや家族の近況などを入れることで、硬くなり過ぎない文面を作ることができます。
特に、しばらく会っていない方へは、突然の悲しいご連絡になるので、砕けた文章ではなく、きちんとお知らせすることが大切です。
その上で、マナーを守った範疇で、ある程度やわらかい文面にすることも、受け取る側へのちょっとした気遣いになります。
冠婚葬祭のマナーは、いくつか気を付ける点がありますが、昔ほど厳密ではなくなっています。
とはいえ、大人は「知っている前提」ですので、最低限の知識は持っておくと、失礼のない対応することができます。