冠婚葬祭のマナー 喪中はがきについて

生活していると、冠婚葬祭は必ず訪れます。
しかし冠婚葬祭にはマナーがあり、マナーを間違えてしまうと相手に失礼になってしまう事がありますので注意が必要です。
一年以内に近親者に不幸があった場合、喪中はがきをを出すのですが、これは新年の挨拶を喪に服すため欠くことを知らせる年賀欠礼状で、年賀状を毎年交換している親しいかたに出します。
しかし最近では故人を知らない方には年賀欠礼状を出さず、一般的な年賀状を送るケースが徐々に増えていると言われています。
喪中はがきは年内に届けば問題は無いと言われているのですが、受け取られた方は年賀状を送りませんので、親しい方が年賀状の準備を始める前に喪中はがきが届くようにする事がマナーとして確立されています。
はやい方では年賀状の準備を11月中旬位から始めますので、11月中旬から最低でも12月の始めには届くように贈ることが必要です。
しかし行き違いなどで年賀状が届いてしまった場合は1月7日以降に寒中見舞いを送り、文章に喪中だったことを知らせる内容をそえることがマナーです。